1. TOP
  2. 男性も注意!実は病気かも!?目の下のクマの種類と原因と対処法

男性も注意!実は病気かも!?目の下のクマの種類と原因と対処法

目の下のクマでお困りではないですか?

私は慢性的にクマ(青クマ)があり悩みの種の一つでしたが、以前よりもかなり良くなりました。

ただ、対策をしても解決しない目の下のクマはもしかすると病気のかもしれません。

「寝不足だから仕方ない」と放っておかずに、

症状や原因を理解し対策をしていきましょう。

目の下にクマがあると「疲れて見えたり」「老けて見えたり」します。

明るく爽やか笑顔でいたいですが、クマがあるとそれも難しくなります。

 

目のクマがあると周りの心配してくれる言葉が辛い

目のクマがあると周りの人が心配の心遣いから、アドバイスをたくさんしてくれます。

「寝てないの?」「疲れてるの?」「体調悪いの?」など周りから心配してくれます。

そうすると無意識にそうなのかな?と心配になってしまい、

自己催眠がかかり体調が悪化してしまうケースもあると思います。

※私の場合は良くあります。笑

クマがある当の本人はしっかり寝ているし、体調も良いという方も多いと思います。

できればそっとしておいて欲しいと思う方も多いと思います。

 

クマの大まかな理由

くまの大きな原因は「静脈のよどみ」とも言われています。

動脈は酸素を運ぶので赤い血液が流れます。

静脈は二酸化炭素や老廃物を運んでおり、血管は青色をしています。

目の下は皮膚が薄いので、血液がドロドロしている可能性が高い人は、

静脈がより目立っている可能性が高いです。

また、血行が悪くなっている方は同様にクマができやすい方が多いです。

血液をサラサラにし、血流を良くしてあげる必要があります。

解決するには食事と運動を見直すことも大切です。

栄養素としては「活性酸素」に対抗するためにビタミン類を摂取し、

魚に入っているDHAやEPAも血液をサラサラにする効果が見込めます。

 

クマの種類と主な原因は?

クマには大きく分けて3つの種類があります。

①目の下が青くなる「青クマ」

青クマは血行不良・睡眠不足・ストレスなどが主な原因です。

目の周りの毛細血管を流れる血液が滞りうっ血を起こしている可能性が高く、

本来血液は赤色ですがうっ血した血液は青色(黒みががった色)に変色しします。

目の下の皮膚は薄いため、この血液が透けて青く見える状態が青クマです。

 

②目の下が茶色くなる「茶クマ」

茶クマはアレルギーや花粉症によって、目の周りを掻いたり、

擦ったりことで起こる色素沈着などが主な原因です。

色素沈着が起こる原因に紫外線によるダメージもあります。

 

③目の下が影が見える「黒クマ」

黒クマの主な原因は老化や加齢が原因で、

目の下の筋肉がゆるむことで目の下がたるみ・皮膚がへこむことが主な原因です。

また、乾燥することで皮膚がくすむこともクマが黒く見える原因です。

男性に多く見られる症状は「青クマ」で仕事のストレスや、

PCを使った作業やスマホ使用などによる眼精疲労が原因と言われています。

 

青クマの原因と解決方法

クマの悩みで一番多いは青クマです。

目の回りの毛細血管の血液が滞留し、目の周りや目の下の皮膚に毛細血管が透けて青っぽく見えている状態のことです。改めて原因を深堀りすると、以下のような原因が考えられます。

考えられる原因

・生活習慣の乱れ

・ホルモンのバランスが乱れる

・睡眠不足

・体の疲れ

・ストレスを抱えている

・寒い時期になりやすい

・冷え性

・栄養バランスが悪い食事をしている

こうした理由で青クマになりやすいです。

また、最近だとスマホやPCを使うことで目を酷使しており、目の疲れが原因になっていることが多いです。

 

青クマの解決方法

青クマを解消する方法は複数あります。

一番簡単な方法は血行を良くすることです。

具体的な方法をいくつか紹介します。

 

1.睡眠不足を解消する

睡眠の質を上げることでクマは自然と目立たなくなることが多いです。

睡眠に関する記事:睡眠の質が悪くなる10のポイントと質を上げる12のコツとは?

 

2.血行をよくする

ホットパックなどで目元の血流を良くすることが大切です。

Amazonなどで手軽に購入することが可能なのでぜひ試してみてください。

目の周りがジワっと温まってとてもスッキリします。

画像をクリックするとAmazonに飛びます。

価格は1,920円で2箱セットです。

目の周りが暖まってとても気持ちいのでオススメです。

 

3.栄養補給

クマの原因が貧血の可能性も考えられるので、吸収力の高いヘム鉄をサプリなどで補い、バランスの良い食事を意識しビタミンなどの栄養もバランスよく摂取しましょう。男性も意外と貧血の方が多いです。

※男性の貧血はもしかすると病気の可能性もある為、症状がひどい場合は必ずお医者さんに診てもらいましょう。

鉄分を食事で補うことがベストなので食材としては「お肉(牛、豚、鳥)」「お魚」「レバー」がおすすめです。また、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収しやすくなるため、柑橘系の食材と一緒に摂ると良いでしょう。貧血の方は食事の前にタンニンを含む飲み物(紅茶、緑茶、コーヒー)は控えた方が良いでしょう。タンニンは鉄分の吸収を抑えてしまいます。

 

4.ビタミンK入りの化粧品を使う

貧血の肩は鉄分やバランス良いビタミンを摂取し、目の周りの血流を良くするビタミンKを化粧品などで塗ることをおすすめします。

ビタミンKは血行促進に効果があると言われており、化粧品を使うことに躊躇いがない男性であれば、目元専用のクリームなどを購入し活用すると良いでしょう。

おススメの目元用クリームは「アイキララ」です。男性が女性用のクリームを購入することに少し躊躇いがあると思いますが、アイキララの公式サイトでは返金保証が付いていて1か月2,980円です。勿論ビタミンK配合です。青クマでお悩みの方にはとてもおすすめのクリームです。

 

5.マッサージによる血流促進

マッサージもおすすめですが、目の下の皮膚はものすごく薄いので、アイクリームを塗ったり、ツボ押しをしたり、目の周りのマッサージはおすすめですが、目の下を直接ゴシゴシ触るのはあまりおすすめしません。

目の下の擦り過ぎは色素沈着などの茶クマの原因になる為、あくまで血行促進のマッサージをおすすめします。

マッサージをする場合は顔全体の血流をよくするため、頭部やデコルテも合わせてマッサージを行うと頭や顔の血流が良くなります。

①指の腹を使い目の下に人差し指を横に当てて優しく、動かす

②黒目の下あたりにぽこっとした窪みがあるのでそこがつぼになっており、そこを押す。

 

6.適度な運動や入浴

疲労回復やストレス発散には入浴も大切です。

自宅のお風呂も良いですが、たまには温泉や銭湯に足を運んだりしてリフレッシュしましょう。

運動ではランニングなどで軽くて汗をかくこともおすすめです。

総合的に見ると健康的な生活をすることが大切なポイントです。

睡眠をとり、栄養バランスが良い食事をし、適度に運動し、ストレスと上手く付き合うことが大切です。

それに目元のマッサージや専用のクリームなどを活用し、

ピンポイントで改善を図ることで青クマを解消する事ができる可能性が高いです。

 

7.温冷ケアが効果あり

この方法はテレビ番組「いまでしょ」でお馴染みの林先生の番組で、

「初見学」でも紹介されていました。

先ほどのホットアイマスクを活用しケアすることも効果があると言えますが、

もっと効果的な治療方法は温冷ケアです。

これはとてもシンプルで温めたタオルと冷たいタオルを交互に乗せることです。

温かいタオルを1分、冷たいタオルを1分、これを交互に5回、計10分使うことでかなり改善されます。

是非お試しください。

 

茶クマの原因と解決方法

アレルギーや花粉症の影響で目の周りをこすったりすると、目の下の皮膚に負担がかかり、色素沈着を起こして茶クマになってしまう可能性があります。解決するには男性は苦手かもしれませんが、美白の為のケアが必要になります。

茶色クマは大きく分けて2つ原因があります。

①表皮にシミが出来る場合

②表皮より深い真皮にメラニンが沈着する場合

男性(メンズ)も日焼け止めを使うべき!「後で後悔しないために」の記事でもお伝えましたが、紫外線からダメージを受けると色素沈着しやすくなります。また、先ほどのように擦ることことで、皮膚にダメージが入り色素沈着しやすくなります。

茶クマの解決方法

目の下の色素沈着を解消する必要があります。これは男性が不慣れかも知れませんが、美白対策をしたり、紫外線対策を行う必要があります。

 

1.茶クマにおすすめの成分のアイテムを使用する

ビタミンC誘導体などは美白作用があります。ビタミンC誘導体配合のアイクリームをお勧めします。先ほどのアイキララは茶クマにも効果があります。また、肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノン配合のアイクリームも効果があると思います。マッサージをする場合はアイクリームなどを使うことをおすすめします。

※マッサージは本当に優しく行ってください。やさしく塗り込むように、美白効果があるコスメを使いケアすることをお勧めします。

 

ハイドロキノンのメリット&デメリットと注意点

ハイドロキノンは素人が扱うにはリスクが高いので、可能であればお医者さんなどのアドバイスの元で使用することをおすすめします。

ハイドロキノンの効果は、

・メラニン色素の生成を抑える

・メラノサイト(メラニンを作る細胞)そのものを減少させる

・美白効果はずば抜けている

以上になります。効果は高いですが、取り扱い注意です。

 

ハイドロキノンのデメリットは?

・効果が強い分肌が弱い人はパッチテストを行いましょう

・濃度が6%以上や長期利用で白斑が出来る可能性がある

 

ハイドロキノンの注意点は?

・紫外線対策を必ず行いましょう

・早めに使い切りましょう(酸化しやすい)

・濃度が濃い場合は副作用が出る可能性があるので要注意

 

2.保湿を行う

肌の保湿をきちんと行いましょう。乾燥を防ぐことは肌を健康的に保つ為にとても重要な取り組みの一つです。

保湿をするには化粧水や乳液、面倒な方はオールインワンジェルを使うなど肌の水分を保持するために対策を行う必要があります。

メンズスキンケアには【メンズスキンケア】おすすめ化粧品や対策14つのポイント!を参考にしてみてください。

また、保湿をする為のスキンケアアイテムはメンズ肌ケアをバッチリ解説|おすすめ化粧品13選!にまとめましたので参考にしてみてください。

 

3.バランスのよい食事を食べる

毎度の事ですが食事は重要なポイントです。

特にビタミンCなど美白効果が高いと言われている栄養を補給するために、

レモン、ブロッコリー、アセロラ、ゴーヤ、トマトなどを食べることをおすすめします。

食事と疲れには深い関係があるため、

30代男性必見!【疲れを取る食事・食品とは?】を是非参考にしてみてください。

 

黒クマの原因と対処法

年をとると目の周りのしわが発注し、皮膚が縮小します。

そのせいで皮膚がたるんで凹みが目立ち、そこに影ができるのでクマの様に見えます。

また、涙袋などの脂肪が垂れ下がるせいで、目の下にたるみが生じ影の様に見えます。

目の周りの筋力低下、肌の乾燥などが主な原因になります。

黒クマ対処方法

これは軽度なものから、クリニックに頼む方法など症状によって変わってきます。

 

1.目のまわりの体操を行う

目の周りの筋肉を鍛えることが目的です。

①目をギュッと閉じて5秒キープし、目をパッと開いて5秒キープ、これを5セット

②両眼を動かす(八の字に5回動かし、逆も動かす)

 

2.ヒアルロン酸注射(最近は美容クリニックなどで男性向けなど)

 

3.目の下にたるんだ脂肪などを吸引手術(美容クリニックなど)

※詳しくは後程紹介します。

 

目の下のクマは病気の合図かも「5つのケース」

目の下のクマは病気のせいのかもしれません。

睡眠不足など外的要因ばかりではなく、そもそも体調が悪かったりしてもクマはできます。

うつ病

うつ病になると自律神経が乱れます。

そうすると血液の流れが悪くなり血行不良になります。

目の周りや、目の下が青白くなり青クマが出来ます。

バセドウ病

甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまう病気です。

眼球が出てくるのが特徴で、黒クマの原因になることがあります。

バセドウ病の症状は、

・手足の震え

・頻脈

・甲状腺が張れる

・体重減少

などです。

気になる方は早めに医療機関に相談しましょう。

鉄欠乏性貧血

目の下にクマが出てしまう症状で有名なのは貧血です。

青クマの症状が見られ、男性も貧血で悩んでいる方は多いと思います。

貧血になるとヘモグロビンの量が減少し体中に酸素が届けられなくなります。

体中に血液が回らなくなると、青白くなります。

更に赤黒い還元ヘモグロビンが停滞し青クマが出来ます。

実は、私はこの症状に悩まされており(親の遺伝が大きく関係していると思います。)、

サプリメントを飲むことで貧血を回避するようにしています。

また、居酒屋などでも意識してレバーなどを食べています。

不足しがちな鉄分をサプリメント飲んだり医療機関で内服薬をもらいケアしましょう。

肝臓・腎臓など機能低下

肝機能や腎臓機能の低下、こういった内臓は解毒作用があると言われています。

血液を綺麗にしてくれるのがこうした臓器の役目ですが、

機能が低下していると血液が浄化されにくく、

滞留し目の下のクマが出来やすくなることがあるそうです。

注意すべき点は、

・酒の飲み過ぎ

・甘い物の食べ過ぎ

・疲労がたまって臓器も疲れきっている

基本的には生活習慣の改善や休息をとって体調管理を行いましょう。

アトピー性皮膚炎や花粉症

茶クマの源因は目の下の色素沈着です。

色素沈着は外部からの強い刺激などによって起こることが多く、

痒いので強く擦ったりすることが原因です。

皮膚科などに伺い専門家のアドバイスに従いましょう。

簡単に出来るクマ解消

意識して出来るクマのケアの方法をいくつか箇条書きで紹介します。

・睡眠をちゃんととる

・血流を良くするために半身浴や運動をする

・運動をすることで精神的にリフレッシュする

・食生活を見直しビタミンやミネラルなど栄養バランスを意識する

・青クマがひどい人は鉄分をとる

・寝る前などはPC、スマホなどの利用を控える

・ホットアイマスクなどで目をケアする

・目元の潤いを保つためパックをする

・ツボを押す

・顔全体のリフトアップマッサージ(※目元はあまりマッサージしない方がいいかも)

・しわやたるみを防ぐにのに顔の筋力を鍛える⇒別の記事で紹介

・体を冷やす食事は避ける

・なるべく体温を暖かく維持する(夏場の冷房に注意)

・血液をサラサラにする成分を摂る(葉酸、ヘモグロビン等)

・鉄分を摂る(サプリで摂る、ホウレンソウ、レバーなど)

・メラニンの生成を抑える為、紫外線対策を行う

 クリニックでクマを治療する方法

クリニックで目の下のクマを対処する方法をいくつか紹介します。クマは複合で症状が現れていることが多く、治療法を組み合わせて行うことが多いそうです。

脱脂術

・加齢と伴に出てくる目の下脂肪を吸引する方法

脂肪注入(リポトランスファー)

・目の下の凹凸をなるべくなくすための方法

※人によって変わりますが永久的に効果が維持できません。

※費用はクリニックによって変わりますが300000円~程度です。

ヒアルロン酸注入

・しわやたるみの改善に役立つそうです

※費用はクリニックによって違いますが50000円~。

※ヒアルロン酸にも種類があるので、クリニックに相談した方が良い。

※長期間の効果をキープするのが困難。

ビタミンC点滴

※茶クマなどの色素沈着がひどい人にオススメ。

※抗酸化作用が高まり、美肌効果や美白効果を期待できる・

PRP治療

・自分自身の血小板を注射する方法

※肌細胞を増やし若返らせることが出来る

※長期間効果が維持する

※費用が20万円~40万円程度

※どんなクマにも合う万能的治療法

レーザー治療

・メラニンの排出を助け、メラニン生成を抑制する

※照射したのちに、美容成分を注入します。

※2万円程度から施術可能

※複数回施術する必要があるケースが多い

表皮の古くなった角質を除去し目元の血行を促進させてクマを改善させる施術や、レーザー照射や冷却を繰り返し目元の血行を良くする施術が主になります。

こうした施術の間に、先ほど紹介したハイドロキノンのクリームを処方され塗ることで目の下のクマが徐々に薄くなってくるそうです。

テノール

・ラジオ波を照射する治療法

※血行促進し肌を若く見せることが出来る

※青クマ、黒クマに効果があると言われています。

※費用は1万円かからないところも多く、複数照射させる必要があります。

ピーリング

古い角質を除去し肌の新陳代謝を整えることで、たるみ解消や客間の解消に役立ちます

※茶クマのような色素沈着に効果ある

※1回10000円~。

解決にはこの方法が一番早いと思いますので、悩みが深い方は専門のお医者さんに相談してみましょう。

眼鏡をかけてクマを隠す

クマを隠す方法として、眼鏡をかけるという方法があります。※私はこれを良く活用します。

メガネにも種類がたくさんあるので眼鏡ショップで選ぶことが出来ます。

クマを隠すためには縁がある眼鏡にすることをおすすめします。縁があることでより目立たなくなります。

また、レンズのカラーも大切です。血行を良くする色合いのものを頼むと目立ちません。

専門の眼鏡屋さんに 相談しててみましょう。

子供のクマが気になる方

ちゃんと睡眠もとっているし、食生活も悪くないと思うのに子供の目にクマが出来ている。

何か病気なのではないか?そう心配する親御さんも多くいらっしゃると思います。

子供のクマの原因はいくつか考えられます。

・スマホやゲームのやり過ぎによる目の疲れが原因と考えられます。

・睡眠時兎目という病気があるそうです。瞬きが少なく目が開いている時間が多いと、ドライアイになりやすくなります。寝ている時に目が半開きになっている状態だと、ドライアイの症状が出るそうです。このように寝ている間に目が乾いて、ドライアイになってしまうことを睡眠時兎目と言います。

この病気の症状は以下が当てはまる場合は専門の医療機関で相談してみましょう。

・朝起きた時に目がすごく渇いている

・朝ドライアイで目が痛い

こうした症状がある方はその可能性があります。

・何かのアレルギーなどで目を掻いたり、こすったりする人は目の周りの筋肉の血流が悪くなったり、それが慢性化していると色素沈着が起こりクマの原因にもなります。目の周りを良く掻いているようであればなるべく早めに医療機関に相談しましょう。

 

個人的な意見

個人的な経験ですが青クマがひどくなる時は、

・精神的に弱っている時

・体調が悪い時

この2つに尽きます。

精神的に元気かどうかが重要な要因であり精神と体が元気であるかが重要だと思っています。

精神的に弱る理由としては、悩み、焦りなど現状に不満がある場合に陥る傾向が強いため、

物理的な満足だけでなく、精神的に満たされることが大切だと感じています。

体調管理では睡眠管理が大切だと思っています。

参考記事:睡眠の質が悪くなる10のポイントと質を上げる12のコツとは?

 

スプーンで目の下のクマが消える?

主に青クマに効果がありそうな治療方法です。

温かいスプーンと冷たいスプーンをクマに当てると、クマが消える解消法があります。

先ほどのタオルの温冷ケアと原理は同じです。

効果は保証しませんがお金がかからずできるので、試す価値はあります。

40℃のお湯と、冷水をコップにそれぞれ用意します。

40℃のコップにスプーンを入れてスプーンが温かくなったら、クマに当てます。

水気を拭き取り、スプーンの底を当てるようにしましょう。

30秒程度当てたら、次は冷たいスプーンを同じように30秒当てます。

これを5回程度繰り返すとクマが多少解消されます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

男性は青クマが気になる方が多いと思います。

根本的な解決するには規則正しい生活が大切です。

また、マッサージや血行促進する為のアイマスクや、

コスメも活用すると更に改善に近づく可能性があります。

茶クマの方は皮膚科などの病院で診察をしてもらうことをおすすめします。

黒クマは眼輪筋の体操などをすることをお勧めしますが、

加齢などによる影響が大きいため完治は難しいと思います。

どうしても治したい場合は美容外科などで相談しましょう。

以上のように目のクマでお悩みの方は自分がどのタイプのクマなのかを見極め、

ひとつづつ思い当たることを解決していきましょう。

また、病気の可能性もある為、悩んだら皮膚科や眼科の先生に相談しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

men's highの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

men's highの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • AGA治療についてまとめ|男性の薄毛で悩んでいる方へ

  • 服が臭いと言われる男性へ!原因は何のか?

  • 足が臭い時の対策!ニオイがキツイ男は嫌われる。

  • あなたは口臭がくさい男かも!息がくさいだけで人生損する

関連記事

  • 【髪の毛が抜けるのは何故?】異常?正常?それとも・・・男性向けの内容

  • 【男の脇汗がブシャー】においも汗も抑える対策方法とは?

  • お尻の毛を処理する方法まとめ|男(メンズ)のアンダーヘア対策! 

  • 【男のダイエット方法】食事に関する8つのポイント!

  • 健康的に痩せる方法!知っておくべき9つのポイント!

  • 【男の体臭対策】気になる臭いを防ぐ方法9選+5つのポイント