AGA治療についてまとめ|男性の薄毛で悩んでいる方へ

薄毛で悩んでいる日本人の男性はおおよそ1200万人以上いるといわれています。

もしかするとこのブログを読んでいただいてる方にも、

そういった悩みを抱えてる方もいるんじゃないでしょうか。

歳を重ねるにつれ、自分の髪の毛のことを気にする人が増えてきます。

日光が強い場所や明るい場所だと頭皮が見えてしまう。

若い頃に比べると髪の毛全体のボリュームがなくなり、セットがしにくくなった。

お風呂から出ると抜け毛が明らかに増えており、

部屋掃除をしてもコロコロすると抜け毛が目立つ。

鏡を見ると自分のおでこが広くなったような気がする。

そういったこともあって、人の視線が気になるという方がいらっしゃると思います。

今回はもしかするとあなたのその薄毛は『AGAの可能性』があるため、

詳しく説明していこうと思います。

 

髪が薄くなると良いことはあまりない

AGA は二十歳以降に発生することが多いですが、

遅い場合50歳以上で発症するケースもあるそうです。

基本的な流れは、前頭部と頭頂部が薄毛になっていき、生え際が後退してきます。

そして頭頂部の髪の毛が薄くなってしまうのが主なagaの症状です。

脱毛の症状はゆっくり進行していき、地肌が見えてくるようになってしまいます。

薄毛のデメリットについて別の記事でも書きましたが、

日本人は欧米人と比べ顔が平べったいです。

なので、ハゲてしまうとかっこよくは見えない人が多いので良いことはありません。

※渡辺謙さんなどは別格です。

女性に男性の薄毛についてどう思っているかをアンケートしたところ、

1000人を対象で行い、なんと約65%の女性が、

薄毛の男性を魅力に感じないと答えているそうです

これを知ると薄毛はやはり解決すべき大きな問題だといえます。

 

ハゲじゃない方がモテる

当たり前かもしれませんが、

薄毛の男性とそうでない男性であれば、

薄毛じゃない男性の方が当然モテると思います

薄毛になるとヘアスタイルをいじれない、

なかなかおしゃれをしても決まらない、

などあまり見た目に関しては良いことはないと思います。

なので薄毛を何とかしたいなーと、

いろいろネットで調べたり市販に売っているような薬品を使って、

試してはいるけれどなかなか成果に出ないという方も多いと思います

薄毛でもいろいろ女性からみるとギャップがある人であれば、モテる可能性はあります。

モテに関した記事であればこちらをご覧ください。

関連記事:30代でモテる男の特徴15選!

 

AGA か確認するための方法

いくつか項目があるので、チェックをしてみてください。

□食生活に偏りがあり、ジャンクフードや脂っこいものをよく食べる

□日頃からストレスが溜まっている

□寝不足が多い

□親や親戚のおじさん、おばさん含め、薄毛の家系である

□風呂に入ったりすると、毛が抜ける量が増えてきたと感じる

□生え際が広くなり、おでこが出てきてしまったと感じる

□頭頂部の毛が薄くなったなと感じる

□髪の毛自体に、ハリやコシがなく元気がないように感じる

□髪の毛に産毛のような、細い短い毛が増えた気がする

□周りの同年代と比べて髪の毛の量が少ない

□髪の毛が抜ける頻度が高まっている

上記項目に複数当てはまる場合、早目に対策をした方が良いです。

関連記事:赤は危険!「頭皮の色」でわかる危険度チェック!

 

AGA治療について

私も周りにもAGA 治療をしている友人がいますが、

頭皮のマッサージやネットで売っているような、

育毛剤を使っているものの、あまり効果が出ていないという人も多く見かけます。

ただ、これから紹介するような治療を行うことで、

薄毛の改善をしている人もいます。

ただし、副作用もあるため全てが万事解決するというわけではありませんが、

確実に効果が期待できます。

今回は薄毛治療や、 AGA 治療とはどんな治療をするのか?

また、どんな風に髪の毛が増えて、治療にお金はどれぐらいかかるのか、

そしてどんな副作用があるのか、そういったことを明らかにしていこうと思います。

※悩んでいる方はできれば自分で行うよりも、

専門のクリニックにいって治療を受けることをおすすめします。

関連記事:ハゲ予防におすすめ16選!|最も効果がある方法とは?

 

更にAGA治療について

幅広く植毛のような外科的治療法や頭皮に薬品を塗る方法、

薬を飲んで対処する内服治療などがあります。

こうした薬を正しく使えば、高い効果で治療効果が見込めます。

これ以外にも、生活習慣の見直しや食事療法も一緒に見直すことでより効果が高まります。

また、ストレスの解消や生活習慣などへの指導なども AGA 治療に含まれます。

また頭皮に良いとされるマッサージや、鍼や灸などを行い中枢神経の活性化を狙って、

自然治癒力を上げて、髪のライフサイクルを整えることによって、

健康的な髪を取り戻そうという取り組みもあります。

AGA 治療のなかで最も一般的なのは、

フィナステリドとミノキシジルを使ったAGA 治療です

フィナステリドを主成分にした、

プロペシアは M型脱毛の治療に効果があると言われています。

ミノキシジルは大正製薬のリアップに入っているもので、

効果はO型脱毛症に向いています。

ミノキシジルの主な役割は血行を活発にし、

血行不良が原因である AGA 改善の効果が見込めます。

豆地知識ですが、ミノキシジルは実は血圧を下げる薬として開発されたそうで、

プロペシアは前立腺肥大症の治療薬として開発されたお薬です

 

AGAの症状について

男性型脱毛症で AGA は様々な症状があります。

前頭部から頭頂部にかけて髪が徐々に細くなり薄毛になっていくことが多いです。

AGA の症状は、20代から30代という時期になって、

生え際がじわじわ後退していく『 M 型脱毛』

頭頂部がカッパのように丸く薄くなっていく『 O 型脱毛』

これらが複合して症状として現れることがあります。

 M 型脱毛は DHT (ジヒドロテストステロン)によって、

髪が生えるサイクルが乱れることが原因で起こります。

 O 型は頭皮が血行不良になって、

髪の毛を作る毛母細胞などに栄養が届かなくなることにより起こると言われています

脱毛の大きな原因になるのは、

男性ホルモンや頭皮の血行不良、その他の要因としては、

強いストレスや生活習慣が原因になっています。

AGA治療はこうした症状を専門医が見ながら、

一番最適な治療方法を提案していくということになります。

 

 AGA のメカニズムについて

毛根の一番深い部分にあると言われる「毛乳頭細胞」や「毛母細胞」にある、

5αリアクターゼ いう酵素が大きく関わっています。

この酵素は男性ホルモンの「テストステロン」を「DHT(ジヒドロステロン)」に変更する働きを持っています。

このジヒドロステロンは毛母細胞の分裂を止めてしまい、 AGA を引き起こす原因になります。

つまりこの5αリアクターゼを如何に抑制するかがポイントになってきます。

 

AGA 治療の主な流れ

様々なAGA治療のクリニックの流れを見ると大体同じです。

1.カウンセリング

専門の担当者が治療の注意事項や内容について説明

2.調査やアドバイス

頭皮の状態や髪の状態を調べ、生活習慣や頭皮ケアに関するアドバイス

3.血液検査

状況を見て血液検査などを行い、投薬が大丈夫かどうか含めて確認

4.今後の対応について

こうした血液検査の結果報告など、最終的にどのような風に治療していくかを見ていきます

5.投薬治療

総合的に見た上で、治療薬が処方される

概ね上記の流れになるそうです。

 

AGA治療の費用

これもいくつかのクリニックをみましたが、

多少の金額の違いはありますが、ある程度の相場は以下の通りです。

プロペシアの服用に関しては、5,000円から7,000円が大体の相場

プロペシアに似た効果のザガーロを服用する場合は9,000円から13,000円前後

ミノキシジルタブレットの服用は8,000円から10,000円程度

アドバンスト発毛治療に関しては15,000円から32,000円前後だそうです。

このように治療によって費用が変わるので検討しているクリニックを決めた後に、

きちんと相談して、確認して自分に合うところを決めるようにしましょう。

 

AGA 治療にかかる期間

クリニックなどによっても変わってくるかもしれませんが、

基本的に6ヶ月から1年の期間が必要と言われています。

治療の期間を早める場合は、費用が少し高くなりますが、

「アドバンスト発毛治療」と呼ばれる、内服役と外用薬を併用する治療をすることで、

早いと3ヶ月前後で結果が出ると言われており、

通常の内服薬を使った治療であれば6ヶ月程度と言われています。

ただ、これはよく知られていないことですが、

AGA 治療を1回すれば良いというわけでなく、

途中でやめてしまうと効果が戻ってしまいに戻ってしまうケースが多い、

というのが現実なので、継続的に治療を行っていく必要があります。 

 

AGAでよく使われる治療薬

飲む育毛剤として知られている「プロペシア」はフィナステリド主成分の薬です。

ミノキシジルなど厚生労働省によって、認められている医薬品で AGA 治療です。

こうした薬品が多く使用され、私の友人も使用することで、

確かに髪の毛はフサフサになっていました。

先ほどもいくつか紹介しましたが、改めて紹介していきます。

 

フィナステリド

5αリダクターゼの働きを阻止する薬で、

この薬はジヒドロステロン(DHT)の生産を抑制するために有効で、

AGA の進行を止めることができると言われており、

6か月程度で結果が出始めると言われています。

ある程度、長期服用が必要となることを予め知っておくと良いでしょう。

 

デュタステリド

これも厚生労働省に認証された AGA の治療薬で、

AGA の一型・二型の5αリアクターの両方に効果があり阻害すると言われています。

フィナステリドよりも強力な薬です。

 

ミノキシジル

これは発毛効果は期待できる薬ですが、

デメリットとしては体中の毛が濃くなるというのが挙げられます。

効果を実感するためには、6ヶ月から1年ほどの薬を飲む必要があります。

途中で飲むのをやめると効果が出なくなってしまうので、

継続的に飲んで行く必要があるそうです 

 

 AGA の最先端の治療現場

先ほど書きましたが、

・血液検査などで、数値化された医学的検査を実施

・そのデータをもとに、治療プランをお医者さんがプランニング

・医者さんによる、食事の指導や生活改善の指導

・使用する薬も発毛効果が高い医薬品を活用

・即効性と有効性の高い治療が施術される

・補助としてサプリメントなどが処方

このようにお医者さんが人々のデータに合わせて、

自分にあった治療や提案をしてくれるのが最先端の AGA の治療方法です。 

 

いかがでしょうか

AGA治療は幅広いです。

一番効果が高いのは恐らく投薬治療です。

(プロペシア、フィナステリドなど)

ある程度費用とコストはかかります。

早めに対策をし、健康な頭皮環境を目指あしましょう。

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります